新型マツダ3、タイでの現地生産を開始

自動車 ビジネス 海外マーケット
新型マツダ3(アクセラ)セダン
  • 新型マツダ3(アクセラ)セダン
マツダは3月14日、タイの車両生産拠点「オートアライアンス(タイランド)」(AAT)で、新型『マツダ3(日本名:アクセラ)』の生産を開始した。AATで生産した新型マツダ3はタイ市場向けで、3月18日に販売を開始する予定だ。

同日、AATにて生産開始記念式典が行われ、同工場のケネス・ミネリー社長や現地販売会社をはじめとする関係者など約300人が参加した。

マツダの小飼社長は記念式典で、「AATは、マツダのビジネスを成長させるために重要な生産拠点の一つだ。『SKYACTIV技術』を搭載した新型『Mazda3』を現地生産することは、マツダのASEANビジネスの要であるタイにおいて、新たなステージに入ったことを意味する」とあいさつした。

AATでのマツダ3の生産は、2011年1月に開始し、これまでに1万2661台を製造している。現在、グローバルにおける新型マツダ3の生産は、日本の防府工場とメキシコのMMVOで行っている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集