【ジュネーブモーターショー14】ワールドカーオブザイヤー、最終候補にマツダ アクセラ

自動車 ビジネス 企業動向
ワールドカーオブザイヤー、最終候補の発表
  • ワールドカーオブザイヤー、最終候補の発表
  • ワールドカーオブザイヤー、最終候補の発表
  • ワールドカーオブザイヤー、最終候補の発表
  • ワールドカーオブザイヤー、最終候補の発表
  • ワールドカーオブザイヤー、最終候補の発表
スイスで開催されている「ジュネーブ国際モーターショー」で3月4日、「ワールド・カー・アワード 2014」各カテゴリーのファイナリスト3モデルが発表された。

ワールド・カー・アワードが選出する大賞、「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー賞」は、2013年1月1日から2014年5月30日までに、少なくとも世界2大陸で販売されている車種が選考対象で、今年は世界各国から24の新型車がエントリー。1次選考にて10車に絞られていたが、最終候補はアウディ『A3』、BMW『4シリーズ』、マツダ『アクセラ(マツダ3)』の3台に絞られた。

全世界での販売数が限定されている高価格のプレミアムモデルを対象とした「ワールド・ラグジャリー・カー賞」は、10周年となる今年、誕生した賞。ベントレー『フライング・スパー』、メルセデス・ベンツ『Sクラス』、レンジローバー『スポーツ』の3車種がファイナリストに選ばれた。

高性能車を対象とした「ワールド・パーフォーマンス・カー賞」では、シボレー『コルベット・スティングレー』、フェラーリ『458 スペチアーレ』、ポルシェ『911 GT3』の3台が選ばれた。

そのほか、環境性能が優れたモデルを対象とした「ワールド・グリーン・カー賞」には、アウディ『A3スポーツバック g-トロン(+Audi e-gas)』、BMW『i3』、VW『XL1』の3台が、「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー賞」では、BMW『i3』、マツダ『アクセラ(マツダ3)』、メルセデス・ベンツ『Cクラス』の3台がそれぞれ選ばれた。

なお、各部門、それぞれ3モデルの中から、4月17日、ニューヨーク国際オートショーにて、最優秀車が選出、発表される。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集