【レクサス CT200h 改良新型】スポーティさはそのまま、上質な走りを加味

自動車 ニューモデル 新型車

レクサス・CT200h
  • レクサス・CT200h
  • レクサス・CT200h
  • レクサス・CT200h
  • レクサス・CT200h
  • レクサス・CT200h
  • レクサス・CT200h
  • レクサス・CT200h
  • レクサス・CT200h
マイナーチェンジしたレクサス『CT200h』は、走る、曲がる、止まるという基本性能はそのままに、乗り心地の大幅向上を狙ったという。

「(マイナーチェンジ前のCT200hは)走る、曲がる、止まるというクルマとしての基本性能や、操縦安定性は好評だった」と話すのは、トヨタ性能実験部車両運動性能開発の田邊和則さん。

そこで、「このスポーティさに関しては、今回のマイナーチェンジではそのまま維持した」と田邊さん。しかし、「レクサスではスポーツカーは“F”があり、CT200hのブランドイメージを考えるとスポーツカー的な乗り心地ではなく、上質な走りをしなければならない」と述べる。

マイナーチェンジ前のCT200hは、「乗り心地が硬いために、走行時の道路の継ぎ目の音や、アスファルトの音、コンクリートの路面を走っているときのざらざらしたような音が大きく聞こえるという市場からのフィードバックがあった」という。

具体的には、「ハイブリッドで静かなのはいいが、普通に走っていてロードノイズも聞こえる、継ぎ目を通ればどんと音も入ってくることから、価格にマッチしていないという声であった。そういう声を踏まえて、今回のマイナーチェンジでは、上質な走りに関して取り組み、手を加えていった」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集