大阪市交通局、「リニア連絡線」のイベント列車運転

鉄道 行政

大阪市交通局は3月27日、イベント列車「体験!リニア連絡線」を運転する。大阪市営交通110周年記念事業の一環。

大阪市交通局は、1990年から1997年にかけて開業した大正~門真南間の長堀鶴見緑地線と、2006年に井高野~今里間が開業した今里筋線で、リニア駆動方式の小型地下鉄(リニアメトロ)を採用している。

両線の仕様は統一されているが、営業列車の乗り入れ運転は行われていない。ただし、今里筋線の清水~新森古市間から分岐して同線の車庫を経由し、鶴見緑地線の検車場に至る車庫線・連絡線が設けられている。今回のイベントでは、通常乗車することができない車庫線・連絡線を走行するほか、検車場で車両に乗ったまま洗浄機を通る車体洗浄などを体験することができる。

行程は3月27日9時、今里筋線の清水駅に集合。12時45分頃、長堀鶴見緑地線の門真南駅で解散となる。事前応募制で小学生50人とその保護者を募集。応募は大阪市交通局ウェブサイトの専用フォームで受け付ける。募集期間は3月13日まで。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集