ケーヒン、直噴インジェクターの北米生産を決定…米国とメキシコに新ライン設置

自動車 ビジネス 企業動向

ケーヒンは2月26日、直噴インジェクターの北米現地生産を行うため、新ラインを設置し、2015年からの始動に向けた準備を進めると発表した。

同社は、世界トップクラスの微粒化・応答性・高圧噴射を実現した直噴インジェクターの新製品を2013年8月から日本で量産を開始。直噴型エンジン搭載の自動車は、北米市場でも、環境ニーズの高まりや燃費規制の強化に伴い、今後拡大していくことが見込まれている。

生産ラインについては、工程の見直しを徹底的に行い、約1割効率を向上させたラインを設置。さらに、競争力と品質を両立するため、部品精度が要求されるラインは、インジェクター生産の実績のある米国・インディアナのケーヒンアイピーティーマニュファクチュアリング・エルエルシーに、労働集約型のラインは労働コストに優位性があるメキシコのケーヒン・デ・メキシコ・エスエーデシーブイにそれぞれ設置し、米州での総合力を最大限活かした生産を行っていく。

これらのライン設置に伴い直噴インジェクターの生産能力は日本および米州あわせて2016年中には約650万本となる予定。なお、今回のライン設置に伴う投資金額は約4000万米ドル(約40億円)となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集