バックするクルマを誘導していた男性、はねられ死亡

自動車 社会 社会

22日午前8時10分ごろ、愛知県北名古屋市内にある幼稚園の敷地内駐車場で、駐車スペースに向けてバックで進行していた乗用車が突然加速。後部で誘導していた職員の男性に衝突し、水田に転落する事故が起きた。男性は収容先の病院で死亡している。

愛知県警・西枇杷島署によると、現場は北名古屋市西之保棒地付近にある幼稚園の敷地内駐車場。乗用車は駐車スペースにバックで進入しようとしていたところ突然加速。後部で誘導していた67歳の男性職員に衝突し、そのまま駐車場に隣接する水田に転落した。

男性はクルマの下敷きとなって全身を強打。意識不明の状態で近くの病院へ収容されたが、回復することなく約7時間後に死亡。クルマに同乗していた幼児2人にケガはなかった。警察はクルマを運転していた同市内に在住する61歳の女を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。男性死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを進めている。

聴取に対して女は「アクセルとブレーキを踏み間違えたかもしれない」などと供述しており、警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集