パーキングエリア入場待ち車列に突っ込む、多重衝突で2人死傷

自動車 社会 社会

17日午前3時25分ごろ、福島県福島市内の東北自動車道上り線で、吾妻パーキングエリア(PA)へ入るために路肩で待機していた車列に対し、後ろから進行してきた大型トラックが追突。車両3台が関係する多重衝突に発展した。この事故で2人が死傷している。

福島県警・高速隊によると、現場は福島市笹木野字南石田付近で片側2車線の直線区間。事故当時は吾妻PAへの入るための待機列が道路左側の路肩に形成されていたが、第1車線を走行してきた大型トラックが車列最後部に追突。大型トラック3台が関係する多重衝突に発展した。

この事故で追突側トラックの助手席に同乗していた40歳の男性が全身強打でまもなく死亡。運転していた郡山市内に在住する44歳の男性も胸部骨折の重傷を負った。被追突側のトラック運転者にケガはなかった。

車列最後部のトラックは車体右側が第1車線側へはみ出した状態で停止しており、追突側トラックの運転者は「気づいたときには遅かった」などと供述しているようだ。警察では被追突側のトラックを運転していた青森県弘前市内に在住する60歳の男性からも事情を聞くとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集