三菱自動車の益子社長、オランダ国王より叙勲

自動車 ビジネス 企業動向

ラーディンク・ファン・フォレンホーヴェン 駐日オランダ大使 (左)と三菱自動車 益子修社長 (右)
  • ラーディンク・ファン・フォレンホーヴェン 駐日オランダ大使 (左)と三菱自動車 益子修社長 (右)
  • 三菱自動車本社(参考画像)
三菱自動車は2月20日、同社の益子修社長が、オランダ国王より、オレンジ・ナッソー勲章コマンダー章を授与されたと発表した。

コマンダー章はオレンジ・ナッソー勲章の第3位、民間人に授与される勲章としては最高位のもので、オランダに多大な貢献をした人々にのみ、オランダ国王より授与される勲章。今回の叙勲は永年に亘り、オランダの経済・社会に貢献をしてきた功績が称えられたもの。

叙勲式は2月20日正午より、在日オランダ王国大使館において行われ、ラーディンク・ファン・フォレンホーヴェン駐日オランダ大使より同勲章が伝達された。

益子社長は、深い感謝の意を表し、「これからも微力ながらオランダ経済・社会の発展に貢献していきたい」と述べた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集