マレーシアで7日連続断水、怒りの外国人が給水車をハイジャック

エマージング・マーケット 東南アジア

首都圏各地で上水設備不良による断水が起きているが、セランゴール州南部バラコンでは、断水に怒り心頭の外国人たちに水道会社の給水車がハイジャックされる事件も発生した。

事件が起きたのはタマン・インピアン・エサンで、14日に午後7時ごろ、給水車がタマン・セティア・バラコンのアパートに到着したところ、別のブロックに住むとみられる外国人に「どうして自分たちのブロックまで来ないのか」とナイフで脅され、外国人の住むブロックまで行くように強要されたという。付近では、基準値を超えるアンモニアが検出されたことからすでに7日間も断水が続いていた。
広範囲で断水となっているのはフル・ランガットとクアラ・ランガット地区で、2万7000戸が影響を受けている。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品