【デリーモーターショー14】将来を見据え、最新安全技術を展示…タカタ

自動車 ビジネス 海外マーケット

【デリーモーターショー14】将来を見据え、最新安全技術を展示…タカタ
  • 【デリーモーターショー14】将来を見据え、最新安全技術を展示…タカタ
  • 【デリーモーターショー14】将来を見据え、最新安全技術を展示…タカタ
  • 【デリーモーターショー14】将来を見据え、最新安全技術を展示…タカタ
  • 【デリーモーターショー14】将来を見据え、最新安全技術を展示…タカタ
インド・デリーで開催される「第12回オートエキスポ2014」(デリーモーターショー14)の併設イベントである「第12回オートエキスポ2014 コンポーネンツ」。

シートベルトやチャイルドシートメーカーであるタカタは、現地のパートナーであるアナンド(ANAND)のブースの一角に展示スペースを確保していた。

展示されるのは、最新の小型軽量のステアリング用エアバッグ、エアバッグ内蔵シートベルトなどの最新の製品だ。また、インドでは販売を予定していないチャイルドシートも展示。現在のインド市場ではなく、将来を見据えてタカタの技術力をアピールするような展示内容となっていたのだ。
《鈴木ケンイチ》

編集部おすすめのニュース

特集