日本精機、四輪車・二輪車用計器が牽引 営業利益58%の伸び…2013年4-12月期決算

自動車 ビジネス 企業動向
日本精機が発表した2013年4-12月期(第3四半期)連結決算は、営業利益が前年同期比58.8%増の132億0800万円と大幅増益となった。

売上高は同13.1%増の1584億7700万円と大幅増収となった。四輪車用計器、二輪車用計器などが増加して自動車・汎用計器事業が大幅増収となったのに加え、自動車販売事業も伸びた。

収益でも増収や為替差益の効果で、経常利益は同67.2%増の182億3100万円となった。当期純利益は同77.1%増の112億2400万円だった。

通期業績見通しは、業績が予想以上に好調なため、売上高を前回予想より50億円増の2100億円、営業利益が20億円増の155億円、経常利益が40億円増の210億円、当期純利益が25億円増の125億円に上方修正した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 日本精機、自動車用メーター価格カルテル集団提訴で和解金600万ドルの支払いで合意 画像 日本精機、自動車用メーター価格カルテル集団提訴で和解金600万ドルの支払いで合意
  • 日本精機、ヘッドアップディスプレイの累計販売台数150万台を達成、2015年に画角7度タイプを投入 画像 日本精機、ヘッドアップディスプレイの累計販売台数150万台を達成、2015年に画角7度タイプを投入
  • 日本精機、メキシコに自動車用計器の販売会社を新設、日系自動車メーカーへの納入に対応 画像 日本精機、メキシコに自動車用計器の販売会社を新設、日系自動車メーカーへの納入に対応
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース