オートバックス、カーナビ製品やアクセサリー販売低調で減収…2014年4-12月期決算

自動車 ビジネス 企業動向

オートバックスセブンが発表した2013年4-12月期(第3四半期)連結決算は、経常利益が前年同期比7.3%増の134億4000万円と増益となった。

売上高は同2.5%減の1782億9700万円と減収だった。国内のオートバックスグループ店舗全体の売上げは同2.5%の減収となった。低燃費タイヤの販売が好調でタイヤの売上げは増収となったが、カーナビゲーションシステムは商品単価の下落で減収となった。車内アクセサリーやカースポーツ商品の販売も全体的に低調だった。

車検・整備事業では、車検実施台数は同1.4%増の40万5000台と伸び悩んだ。車販売・買取事業は、新車、中古車ともに販売が順調に推移、総販売台数は同21.6%増の1万5404台となった。

収益では、販売費・一般管理費を削減した効果もあって営業利益は同5.7%増の119億6600万円と増益となった。当期純利益が同20.4%増の79億9000万円だった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集