シンガポール航空、日本政府観光局と了解覚書を締結…来年から羽田線は増便へ

航空 企業動向

シンガポール航空
  • シンガポール航空
  • 上空から見た羽田空港。近年は初日の出スポットとしても人気を集めている
  • シンガポール航空
  • ANA成田空港国際線ラウンジ
シンガポール航空(SIA)は12月26日、日本政府観光局(JNTO)と、シンガポール、マレーシア、インドネシアの訪日旅行者増加を目指す了解覚書を初めて結んだと発表した。

覚書の主な内容は、SIA利用による日本観光を促進する活動を検討・実施していくというもの。陳有成(Chin Yau Seng)営業担当上級副社長は「日本は45年前からSIAにとっての重要なマーケットであり続けている。覚書を交わしたことで、日本の魅力と可能性に対し、我々が信頼しているということがはっきり伝わる」と述べた。

SIAは1968年に東京(成田)線、72年に大阪線、88年に福岡線、89年に名古屋線、2010年に羽田線を開設。シンガポール~日本間は現在毎週56便が運航中で、来年3月から羽田線の増便が決定している。

JNTOによると、昨年の訪日シンガポール人数は14万2201人。円高が改善傾向にあることから、今年の訪日旅行者数は増加が見込まれている。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集