日本精工、新興市場のMT車向けクラッチレリーズ軸受を開発

自動車 ビジネス 企業動向

日本精工、自動車用マニュアル・トランスミッション向け「高信頼性クラッチレリーズ軸受」を開発
  • 日本精工、自動車用マニュアル・トランスミッション向け「高信頼性クラッチレリーズ軸受」を開発
  • 日本精工、自動車用マニュアル・トランスミッション向け「高信頼性クラッチレリーズ軸受」を開発
  • 日本精工、自動車用マニュアル・トランスミッション向け「高信頼性クラッチレリーズ軸受」を開発
  • 日本精工、自動車用マニュアル・トランスミッション向け「高信頼性クラッチレリーズ軸受」を開発
  • 日本精工、自動車用マニュアル・トランスミッション向け「高信頼性クラッチレリーズ軸受」を開発
日本精工は、新興市場の自動車用マニュアル・トランスミッション向けに信頼性を高めた「クラッチレリーズ軸受」を開発した。

クラッチ機構は、エンジンの高性能化やクラッチ機構の小型化により、従来よりも高温環境で使用されている。このため、クラッチハウジングに空気穴を設け外気を取り入れ冷却する構造が採用されている。ハウジングに穴を開けたことで、クラッチレリーズ軸受へ泥水などの異物が浸入し易くなり、異物の浸入を防止する密封シールが採用されている。

しかし、中国やASEANなどの新興国市場では、冠水した道路などを走るため、クラッチレリーズ軸受の使用環境が過酷になっており、従来の密封シールでは異物が浸入し、クラッチレリーズ軸受が破損するケースが発生している。

開発品は、軸受内部に異物が浸入しにくい構造とするため、シールリップの形状を庇型に改良し、ラビリンス構造も付加した。軸受と摺動部材の間に排水みぞを設けて、浸入した泥水などの異物を滞留させない構造にした。シールの改良により密封性を高めながらも摩擦損失は従来と同等を維持した。

同社は、自動車需要が拡大している中国やASEANなどの新興国市場向けとして拡販を図り、2018年にグローバルで年間15億円の売上げを目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集