ドイツの新型ICE、営業運転認可…2011年運行開始予定が大幅遅れ

鉄道 企業動向

シーメンスが製造した新型ICE407形。当初は2011年デビューの予定だった。
  • シーメンスが製造した新型ICE407形。当初は2011年デビューの予定だった。
  • シーメンスが製造した新型ICE407形。当初は2011年デビューの予定だった。
ドイツ・シーメンスは12月23日、同社が製造したドイツ鉄道(DB)の高速列車「ICE」の新型車両「Velaro(ヴェラロ)D」が、同国鉄道当局の営業運行認可を受けたと発表した。同車両は当初、2011年に運行を開始する予定だったが、製造や認可が遅れていた。

「ヴェラロ」はシーメンスが製造する高速列車の名称で、今回運行認可を受けた新型車両「ヴェラロD」はドイツ鉄道では「407形」と呼ばれる。最高速度は320km/h、編成は8両で、2編成を併結しての運転も可能。2008年以降16編成が発注され、フランスやベルギーなど周辺国への乗り入れや、英仏海峡トンネル経由でイギリス・ロンドンまでの運行も計画されている。

ドイツ鉄道には4編成が引き渡されており、続く4編成は2014年春にも納入される。残る8編成はベルギーとフランスでの運行承認を得るため、両国で試験を行う予定という。発表では、営業運転がいつ開始されるかは明らかになっていない。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集