徒歩で道路横断の女性、ひき逃げされて重傷

自動車 社会 社会

21日午後0時30分ごろ、東京都板橋区内の区道で、徒歩で道路を横断していた60歳代の女性に対し、交差進行してきた乗用車が衝突する事故が起きた。女性は重傷を負ったが、クルマは現場から逃走している。

警視庁・高島平署によると、現場は板橋区高島平3丁目付近で片側1車線の直線区間。60歳代とみられる女性は徒歩で道路を横断していたところ、交差進行してきた乗用車にはねられたものとみられる。

路上で口から血を流して倒れている女性を通行人が発見して警察に通報。女性は近くの病院へ収容されたが、頭部強打や左足を骨折するなどの重傷を負った。事故を起こした車両は逃走しており、警察は重傷ひき逃げ事件として捜査を開始している。

負傷した女性が倒れていた場所には横断歩道や信号機は設置されていないが、近くにはこれらが設置された交差点がある。警察では負傷した女性の身元特定を進めるとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品