プロゴルファー松山選手、レクサス所属契約締結…豊田社長の手紙が決め手に

自動車 ビジネス 企業動向

レクサスは12月24日、プロゴルファー松山英樹選手と2014年1月1日から3年間の所属契約を締結したと発表した。松山選手は同日都内で開かれた発表会で、トヨタ自動車の豊田章男社長からの手紙が契約の決め手になったことを明らかにした。

松山選手は「大学を卒業後、プロとして戦っていくにあたってたくさんのお話を頂いた。その中で先日、豊田章男さんより頂いた手紙の中で『世界でともに戦おう』というメッセージがとても印象に残り、このたび契約させて頂き、お世話になることになった。今後はアメリカでの戦いが中心となるが、レクサスとともに世界で戦っていきたい」と抱負を語った。

その後行われたトークセッションに豊田社長も登壇し、「私自身が初めて社会人になった時に先輩から靴を贈られた。これから長いゴルフ人生の中で色んなことがあると思うが、しっかり軸をぶらさずに地に足をしっかりつけて、安心してゴルフをやってほしいという思いをこめて靴を贈った」と述べ、松山選手に靴をプレゼントしたことを披露した。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集