マレーシア日系企業の54%、直近決算で黒字 昨年より改善…日本政策金融公庫

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシア クアラルンプール
  • マレーシア クアラルンプール
日本政策金融公庫の中小企業事業は、「取引先海外法人の業況調査」を発表。マレーシア進出の日系企業の54.2%が直近決算期で黒字となったと回答し、昨年の調査の53.3%より改善したことがわかった。

調査は、海外に現地法人を有する日本公庫の取引先企業を対象に8-9月にかけて調査を行い、602社より回答を得た。マレーシアからは24社が回答した。収支トントンだったとの回答は8.3%で、赤字となったとの回答は37.5%に上った。進出後黒字化までに要した期間として、33.3%が4年以上と回答した。3年が16.7%、2年が4.2%、1年未満が8.3%となった。一方で37.5%が黒字化されていないと回答した。

今後1年間の売上高予想について50.0%が増加を見込んでおり、37.5%が横ばい、12.5%が減少を見込んでいると答えた。利益については58.3%が増加、29.2%が横ばい、12.5%が減少を予想していると回答した。当面(1-3年)の経営方針について、37%が拡大を検討していると答え、現状を維持する(62.5%)を下回った。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース