GM、クリスマスに世界規模で慈善活動…韓国ではキムチ作り

自動車 ビジネス 企業動向

GMコレアで行われたキムチ作り
  • GMコレアで行われたキムチ作り
クリスマスや年末年始休暇を控え、米国の自動車最大手、GMは世界規模での慈善活動を展開している。中でもユニークな取り組みは、韓国部門のGMコレア。

このほど、GMコレアの工場内の一室では、食欲を掻き立てる香りが充満した。従業員とその家族、労働組合、サプライヤーなど合計350名以上が参加して、韓国名物のキムチ作りに励んだのだ。

このキムチ、400名以上に無料で配布するために作られたもの。総重量は、実に12トンを超える。

このキムチ作りには、GMコレアのセルジオ・ローチャ社長兼CEOや、GMコレアの組合代表も参加。全社を挙げての取り組みとなった。

なお韓国以外でも、GMはメキシコ、ハンガリー、スペイン、南アフリカ、アルゼンチン、ブラジル、コロンビア、ベネズエラ、カナダ、米国で、それぞれ80の慈善活動を実施。この費用として、総額およそ40万ドル(約4170万円)を拠出している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集