【UCI サイクロ‐クロス・ワールドカップ】ケイティ・コンプトン、逆転で3度目の勝利

モーターサイクル エンタメ・イベント

UCIサイクロ‐クロス・ワールドカップ第4戦に勝利したケイティ・コンプトン
  • UCIサイクロ‐クロス・ワールドカップ第4戦に勝利したケイティ・コンプトン
USAサイクリングは12月22日、コロラド州コロラド・スプリングスのケイティ・コンプトンが、ベルギーのナムールで行われたUCIサイクロ‐クロス・ワールドカップ第4戦で、彼女にとって3度目となる勝利を獲得したと発表した。

コンプトンは第2戦の金メダルパフォーマンスの後に第3戦でも勝利。第1戦で銀メダルを獲得しているため、このレースにトップの成績で挑むこととなった。彼女は現在、総合優勝に向けての道を順調に辿り、エリート・ウイミンズ・ワールドカップのスタンディングで230ポイントの首位に立っている。

ナムールでは、ラフなスタートからカムバックし、レースの初期のリーダーであり彼女のライバルであるオランダのマリアン・ヴォスに泥まみれの丘コースで詰め寄った。そしてコンプトンは40秒のリードを奪い、最後までそのリードを保った。ヴォスは2位となり、英国のライダーであるニッキ・アリスが3位となった。

コンプトンの他にもアメリカからはケイトリン・アントニューが7位に入賞し、彼女はトップのコンプトンから1分47秒遅れでフィニッシュした。

2013‐2014年度USIサイクロ‐クロス・ワールドカップは、シーズン終了となる2014年1月の2度のレースの前に、12月26日にベルギーのヒュースデンゾルダーで5戦目が行われる予定である。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集