セスナ、サイテーションM2のFAAによる認可と最初の納入を祝う

航空 企業動向

サイテーションM2軽量ジェット機
  • サイテーションM2軽量ジェット機
  • サイテーションM2軽量ジェット機
  • サイテーションM2の操縦席
  • サイテーションM2のキャビン
  • サイテーションM2軽量ジェット機
  • サイテーションM2軽量ジェット機
セスナは12月23日、アメリカ連邦航空局(FAA)の型式認定を受け、『サイテーションM2軽量ジェット機』の最初の納入を祝ったことを発表した。

サイテーションM2は2011年9月に、顧客とパイロットのフィードバックに誘導されたデザインを公開した。サイテーションM2の最初のフライトは2012年3月に行われ、最初の生産ユニットは2013年8月に飛行を行った。この航空機の開発と認可過程は、15万人以上のエンジニアリングの時間と、2機の航空機によるほぼ1000時間の飛行テストを36万海里を必要とした。

サイテーションM2は400ノットの最高巡航速度(460mphの真対気速度=740.3km/h)と1300海里の航続距離を持ち、3250フィート(990.6メートル)の短い滑走路での運用が可能で、4万2000フィート(1万2497m)を24分間で上昇することができる。

サイテーションM2はシングル・パイロットによる運用の認可を受け、2機のウィリアムズFJ44エンジンを搭載している。同航空機はテキサス州ヒューストンからワシントンD.C、シカゴからフロリダ州マイアミ、フランクフルトからモスクワ、U.A.E.のドバイからインド間のノンストップ飛行を容易に実施することができる。

M2の操縦席のデザインは、セスナ専売のガーミンG3000航空電子機器の高解像度多機能ディスプレイと分割スクリーン機能を使用する「イントリンジック」フライトデッキを特徴とする。サイテーションM2の操縦席の仕切りから後部の手洗い所までのメイン乗客キャビンは、58インチ(147.3センチメートル)の幅と11フィート(3.353メートル)の長さを持ち、5インチ(12.7センチ)下がった通路は57インチ(144.センチメートル)のキャビンの高さを提供する。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集