エミレーツ航空、2機のA380の納入を受けて編隊の合計数を44機とする

航空 企業動向

2機のA380の納入を受けたエミレーツ航空
  • 2機のA380の納入を受けたエミレーツ航空
  • 2013年12月16日午後9時(GST)現在のエミレーツ航空A380の運行状況
エミレーツ航空は12月21日、ドイツのハンブルグに所在するエアバスのフィンケンヴェルダー施設にて、同航空会社の43機目と44機目となる2機の『A380』の納入を受けたことを発表した。

43機目と44機目のエミレーツ航空A380は、14座席のファーストクラスと76座席のビジネスクラス、427座席のエコノミークラスのシートを提供し、12月21日より初期フライトとしてモーリシャス島からミュンヘンへのルートで運航される。

エミレーツ航空は世界で最も大きなA380の編隊を運航。世界中で運用されているこの近代的なジェット機の3機の内1機は同航空会社が所有している。エミレーツ航空は2000年にこの航空機を注文した最初の航空会社であり、今年の11月にドバイ航空ショーにてさらに50機の注文を果たした。

2013年に、エミレーツ航空は13機のA380航空機を受領し、f2014年に他の13機の納入を受けることが予定されている。さらにこの航空会社は430億ドルの価値を持つ96機のA380を注文しており、その内の71機は2018年の終わりまでに納入されることが予想されている。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集