【NASCAR】ラストン、ベン・ケネディー・レーシングに合流

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ベン・ケネディーとケンジー・ラストン
  • ベン・ケネディーとケンジー・ラストン
  • ケンジー・ラストン
NASCARは12月19日、オクラホマ州出身の女性ドライバーであるケンジー・ラストンが、ベン・ケネディー・レーシングより2014年度K&Nイースト・プロシリーズに参加することを発表した。

22才のラストンは2013年度K&Nイースト・プロシリーズで2度のスノコ・ルーキー・オブ・ザ・レースを獲得し、ルーキーの年に彼女が学んだレッスンを、ベン・ケネディー・レーシングのNo.96のドライバーとして活かそうとしている。

「昨年、彼等に対抗してレースを行い、私はベン・ケネディー・レーシングがどれほど強いかを直接知ることができたので、彼等と共に次のシーズンを競う機会を持つことにエキサイトしています」とラストンは語った。

ベン・ケネディー・レーシングは元来、ケネディーがショート・トラック・チャンピオンからNASCARのK&Nプロシリーズのドライバーとして転身を行う、彼のキャリアをサポートする目的で創設された。

「ケンジーを僕達のドライバーとして迎えることにエキサイトしている。僕はケンジーを数年に渡って知っており、彼女に対抗してレースをしてきた。彼女がレーシングトラックで何ができるかをも知っている。これはとても良いグループで、皆が彼女と一緒に過ごすシーズンを楽しみにしている」とチームの代表であるベン・ケネディーは語った。

ちなみにベン・ケネディーは2014年より、ターナー・スコット・モータースポーツからNASCARキャンピングワールド・トラックシリーズにフル参戦することとなっている。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集