ISSの若田宇宙飛行士、船外活動の手順を確認…ロボットアームで支援

宇宙 テクノロジー

国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在中の若田宇宙飛行士は、日本時間12月21日、23日、25日に実施される見込みの船外活動(EVA)に向けて、EVAクルーのリチャード・マストラキオ、マイケル・ホプキンス両宇宙飛行士と手順を確認した。

若田宇宙飛行士は、ロボティクス・オペレーターとして、ロボットアームを操作してEVAを支援する。

NASAは、12月11日に発生したISSの外部排熱システム(ETCS)の異常への対応として、ポンプモジュールの交換を行う方向で調整している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集