エアアジア X、25機の A330-300 を追加注文

航空 企業動向

エアアジア XのA330-300航空機
  • エアアジア XのA330-300航空機
エアバスは12月18日、エアアジア・グループ長距離飛行部門であるエアアジア Xが、さらに25機の『A330-300』の確定注文を行ったことを発表した。

この契約はエアバスによって受領された最も大きな一度の購入であり、この航空会社の同じタイプの航空機に対する確定注文の数を51とするものである。そしてさらに同社は、インターナショナル・リース・ファイナンス・コーポレーション(ILFC)による他の6機のA330-300のリースによって補充される予定だ。

エアアジア Xはアジア太平洋地域に渡るネットワークの重要な拡大を開始すると同時に、今回注文されたA330-300の納入を2015年から受けることとなる。この新しい注文は最新の延長航続距離バージョンのA330-300を含み、欧州や米国へのノンストップサービスを提供する機能を与える。

エアアジア Xは現在16機のA330-300を運航し、その本拠地であるクアラルンプールからアジアや中東、太平洋地域の目的地を繋ぐサービスを行っている。この航空会社はA330に加え、10機の『A350-XWB』航空機の注文を将来の納入の為に行っている。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品