国土交通省、バス運転手の安定確保と育成するための検討会を新設

自動車 社会 行政

国土交通省は、バス運転者の安定的な確保と育成に向けた施策を展開する。

バス事業は、経営環境が厳しいのに加え、長時間労働、大型二種免許取得者の減少、高齢化などを背景に、運転者の要員不足が深刻な問題となっている。運転者不足を原因とした運行回数の削減といった事例も見られている。

バス運転者の安定的な確保と育成は、地域の生活交通を支えるバス輸送の維持や、安全の確保の観点から、喫緊の課題となっている。

バス運転者の安定的な確保と育成を推進するため、学識経験者、バス事業者、労働組合、行政関係者などの関係者による検討会を設置し、バス運転者の確保と育成に向け検討する。

検討会は1回目を12月20日に開催する。バスの運転者を巡る現状についてや、バス運転者不足の実態と対策について、バス運転者の確保と育成に向けた検討の進め方などを審議してもらう。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集