ウィラー、2014年6月新設の運行管理システム…バスの「不安定運転」を検知

自動車 ニューモデル 新型車

WILLER EXPRESS 2014安全運行プラン発表会(東京・新宿、12月18日)
  • WILLER EXPRESS 2014安全運行プラン発表会(東京・新宿、12月18日)
  • 運行管理センター 巡視画像
  • WILLER EXPRESS 2014安全運行プラン発表会(東京・新宿、12月18日) 村瀬代表取締役
  • 運行管理センター 巡視画像
  • 運行管理センター 巡視画像
  • WILLER EXPRESS 2014安全運行プラン発表会(東京・新宿、12月18日)
  • WILLER EXPRESS 2014安全運行プラン発表会(東京・新宿、12月18日)
  • WILLER EXPRESS 2014安全運行プラン発表会(東京・新宿、12月18日)
高速バスを運営するWILLER EXPRESS JAPANは12月18日、東京・新宿で開催した「WILLER EXPRESS 2014安全運行プラン発表会」で、同社の高速バスを一元管理する運行管理センターの内容を公開した。

運行管理センターは、グループバス会社9社(南部・関東・北信越・ベイライン・東海・ニュープリンス・関西・西日本・日本高速)のバス運行を24時間巡視。

同センターが、各車両に備わるドライブレコーダーの「不安定運転」を検知したり、乗務員からの「発報ボタン」によるアラートなどを受信すると、常駐スタッフが即座に該当車両のドライブレコーダー映像や位置情報を確認。そのバスの乗務員と運行管理者へ確認連絡をとるという。

居眠り運転や、急旋回・急ブレーキ、蛇行運転などの「不安定運転」を可視化し、クルマの挙動を24時間巡視するという運行管理センターについて、同社代表取締役の村瀬茂高氏は、「2014年6月からこの仕組みを導入し、ウィラーの全車両を巡視。乗務員サポート体制を強化する」と話していた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集