中型トラックで通行人を約40mひきずって逃走した男を逮捕

自動車 社会 社会

14日午前6時30分ごろ、大阪府大阪市阿倍野区内の市道で、頭から血を流して倒れている男性を通行人が発見。警察に通報した。男性はクルマにひき逃げされたものとみられ、骨折などの重傷。警察は後に43歳のトラック運転手の男を逮捕している。

大阪府警・阿倍野署によると、現場は大阪市阿倍野区美章園2丁目付近で斜線区別のない幅員約5mの緩やかなカーブ。路上で頭から血を流して倒れている男性を通行人が発見。警察に届け出た。

男性は約40mに渡ってトラックにひきずられたものとみられ、背骨を骨折するなどの重傷。後の調べで45歳の男性と判明している。車両は現場から逃走しており、警察は重傷ひき逃げ事件として捜査を開始した。

警察では目撃証言などから車両を特定。藤井寺市内に在住する43歳の男が中型トラックを運転中に事故を起こしたものと断定し、自動車運転過失傷害や道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕している。

聴取に対して男は容疑を大筋で認めており、警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集