【エコプロダクツ13】コンテナの中でDJ小林克也が鉄道輸送のメリット力説

自動車 ビジネス 企業動向

鉄道貨物輸送業者の団体である全国通運連盟はエコプロダクツ13に出展。ブース内にコンテナを設置し、その内部で「モーダルシフト・シアター」を上映した。

モーダルシフト・シアターでは、DJの小林克也がナレーションを担当、鉄道コンテナのメリットやトラック輸送と鉄道輸送を組み合わせたモーダルシフトについても説明している。

その解説によると、鉄道コンテナには「経済性」「確実性」「環境性」「柔軟性」「安全性」といった5つのメリットがあるという。とくに環境面では、鉄道はトラック輸送に比べてCO2の排出量が1/6に過ぎず、このメリットを活かして全国に張り巡らされた鉄道網を活用して貨物駅間の輸送を鉄道でおこない、貨物駅から集配先へは小回りが利くトラック輸送を活用するモーダルシフトの有用性を訴求している。

《北島友和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集