【F1】2014年度シーズンよりルールを大きく変更[動画]

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2014年度F1ルール変更(動画キャプチャ)
  • 2014年度F1ルール変更(動画キャプチャ)
  • 2014年度F1ルール変更(動画キャプチャ)
  • 2014年度F1ルール変更(動画キャプチャ)
  • 2014年度F1ルール変更(動画キャプチャ)
  • 2014年度F1ルール変更(動画キャプチャ)
  • 2014年度F1ルール変更(動画キャプチャ)
  • F1 日本GP
  • F1 インドGP 予選
レッドブルとセバスチャン・ベッテルは過去数年間のF1を支配したかもしれないが、2014年はそれほど簡単では無いかも知れない。

FIAはF1のレギュレーション変更を発表し、2014年シーズンは最終戦でドライバーとチームの取得するポイントが2倍になると発表した。

この声明の中でFIAは、シーズンの終了までチャンピオンシップへの集中を最大限に維持する為という説明を行っているが、この決定に対し、F1での競争力の欠如が、その人気を阻害するのではないかとの懸念も出されている。

ベッテルの4連覇の中の2度は、2011年に5レース、2013年は4レースを残して決定された。

FIAはまたコストキャップが原則的に合意に達したと発表し、チームが消費できる資金の上限を決定し、これは2015年より有効となる。

これらの新しいルールは、すでに発表された車のデザインの劇的な変化に沿うものであり、来年よりF1は以前と完全に異なるエンジンを使用し、マシンの内部だけに限らず、外部のデザインも大きく変更される。

このように多くの改変が行われる2014年シーズンは、これまで以上に予想の困難なものとなるだろう。

《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集