BMWグループ、英国で1000名の正規雇用を創出

自動車 ビジネス 企業動向

英国オックスフォード工場で組み立てられる新型MINIハッチバック
  • 英国オックスフォード工場で組み立てられる新型MINIハッチバック
ドイツの高級車メーカー、BMWグループは12月12日、英国内の4工場で、合計1000名の正規雇用を創出すると発表した。

この4工場とは、MINIの生産拠点のオックスフォード工場、スウィンドンの車体プレス工場、バーミンガム近郊のハムズホール・エンジン工場、ロールスロイスのグッドウッド工場。

これら4工場では2014年から2016年にかけて、2段階の採用を実施し、合計で1000名の正規雇用を創出する計画。まずは2014年初頭に、700名の採用活動をスタート。2016年に、残る300名の採用活動を行う予定。

BMWグループは2001年以降、英国におよそ20億ポンド(約3365億円)を投資。車体プレス加工工場を新設し、オックスフォード工場には最先端のロボット1000基を導入した。ハムズホール・エンジン工場では、新世代の3気筒モジュラーユニットを生産する体制を整えている。

またMINIは2013年11月、新型MINI『ハッチバック』の生産を、オックスフォード工場で開始したばかり。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集