スピリット航空、フライト・アテンダント組合が仮合意書にサイン

航空 企業動向

スピリット航空
  • スピリット航空
スピリット航空は12月13日、フライト・アテンダント組合‐CWA(AFA)に所属するフライト・アテンダント達が、5年契約の仮合意に達したことを発表した。

この仮合意は、全国調停局の補助によって達成に至った。最終決定は2014年の第1四半期の予定。フライト・アテンダントのメンバーの追認によって決まる。

「我々はフライト・アテンダント達がスピリット航空の継続する成長をサポートするするなかで、我が社と顧客の為に毎日行う素晴らしい仕事を認識し、合意に達することができたことを嬉しく思う。我々は顧客が選択すべき航空会社となり、チームメンバーに選ばれる雇用者となる為、AFAパートナーとフライト・アテンダントと共に働くことを楽しみにしている」とスピリット航空のCOOであるジョン・ベンドレイティス氏は語った。

「このプロセスを通して、スピリット航空のフライト・アテンダントは共に立ち、初期レスポンダーとしての我々の価値ある仕事を反映する契約に至る準備をした。我々はこの仮合意がスピリット航空に対する貢献を認識するものと信じている。それは現在、フライト・アテンダント達が改良点を再調査し、彼女達の投票を通して最終決定をすることにかかっている」とスピリット航空のAFA会長であるトッド・セント・ピエーレ氏は語った。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース