【INDYCAR】モントーヤ、コンディション調整の為にビッグオーバルで走行

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

チーム・ペンスキーのドライバーであるフアン・パブロ・モントーヤは、カリフォルニア州フォンタナに所在する2マイルのビッグオーバルコース「オート・クラブ・スピードウェイ」にて、コンディション調整のために走行を行った。

このテストセッションはモントーヤのシボレーエンジンを持つチーム・ペンスキーのNo.2の車への環境順応の為に行われるもので、2014年度シーズンに彼が競技するインディカーシリーズでの18レースに備えるものである。12月16日には、モントーヤはさらに2.385マイルの長さに12のターンを持つ、ソノマ・レースウェイのロードコースでもテストを行う予定である。

先月、2000年のインディアナポリス500の勝者であるモントーヤは、1.65マイルのセブリング・インターナショナル・レースウェイのショートオーバルでテストを行った。

さらにホリデーシーズンの後、モントーヤはエリオ・カストロネベスとウィル・パワーに合流し、2014年1月中旬にセブリングにおいてマニュファクチャー・テストを行うことになっている。オープンテストは3月16日から17日の間にバーバー・モータースポーツ・パークにて行われ、シーズン開幕戦となるファイアストーン・グランプリ・オブ・セントピーターズバーグは、3月28日から30日の間に開催される。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集