【エコプロダクツ13】APARA「将来の大事なお客様に向けて活動を紹介」

自動車 ビジネス 企業動向

自動車用品小売業協会(APARA)ブース(エコプロダクツ13)
  • 自動車用品小売業協会(APARA)ブース(エコプロダクツ13)
  • 自動車用品小売業協会(APARA)ブース(エコプロダクツ13)
  • 自動車用品小売業協会(APARA)ブース(エコプロダクツ13)
  • 自動車用品小売業協会(APARA)ブース(エコプロダクツ13)
カー用品を経営・運営する企業によって組織される自動車用品小売業協会(APARA)は、アフターマーケット用品製造・販売業者とともに、エコプロダクツ13にブースを出展。出展テーマは「地域の環境活動に積極的に貢献」「自然エネルギー/CO2排出削減の普及促進」「容器/包装の簡素化によるゴミ削減」。

ブースのスタッフは会場を訪れた小中学生や一般来場者に対して積極的に声をかけ、ノベルティを手渡すなど活動の認知促進に余念がない。

事務局の中小路俊康氏は、「会場を訪れる小中学生は、十数年後にはお客様になる大事な方々。今回のブース出展を通して、加盟者が取り組んでいる環境貢献活動に認知・理解していただければ」と出展への期待を述べた。
《北島友和》

編集部おすすめのニュース

特集