【名古屋モーターショー13】スーパースポーツに人気集中

自動車 ニューモデル モーターショー

名古屋モーターショー2013
  • 名古屋モーターショー2013
  • 名古屋モーターショー2013
  • 名古屋モーターショー2013
  • 名古屋モーターショー2013
  • 名古屋モーターショー2013
  • 名古屋モーターショー2013
  • 名古屋モーターショー2013
  • 名古屋モーターショー2013
12日に開幕した名古屋モーターショーだが、愛知県輸入自動車販売店協会(会長・木村文夫ホワイトハウス社長)の参加展示によって、東京モーターショーを凌ぐ29の四輪輸入車ブランドの新車が展示されている。輸入車はルノーを除き、2号館に集められた。

基本的にはメーカー、あるいはインポーターではなくディーラーが主体となって展示をしているため、コンセプトカーは少ない。しかし今回、いわゆるスーパーカーと呼ばれるスーパースポーツが多く展示され、驚くほどの人気を博していた。フェラーリ『F12ベルリネッタ』、ランボルギーニ『アヴェンタドールLP700-4』、ポルシェ『911ターボS』、アストンマーティン『V12ヴァンテージS』、さらにはジャガー『Fタイプクーペ』、ロータス『エキシージS』などなどさながらスーパーカーショーのよう。

またマクラーレンの『MP4-12C』とその『スパイダー』という2台、のまさにスーパースポーツを象徴するクルマまで登場。しかもこれがまた、フロアに直置きという大胆さ。これに『コルベット』や『カマロ』、ロータス『エヴォーラ』、アストンマーティン『ヴァンキッシュ』、ポルシェの『ボクスター』や『ケイマン』と、まさに手が届く展示がされ、スポーツカー好きにはたまらない展示となっている。会期は15日(日)まで。
《水野誠志朗@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集