川崎重工、B787向け部品を増産するため工場を新設…2014年度末に竣工

航空 企業動向

川崎重工、航空機部品を製造する工場を新設
  • 川崎重工、航空機部品を製造する工場を新設
川崎重工業は、名古屋第1工場に、ボーイング787向け部品を増産するため、工場を新設すると発表した。

新しい工場は、名古屋第1工場南工場の東側隣接地に建設する。川崎重工は現在、B787の前部胴体、主脚格納部、主翼固定後縁を担当している。新工場では既設工場と同種の生産設備を追加導入し、主にB787型機の派生型機の前部胴体を生産する。

新工場の延床面積は約6万平方メートルで、2014年度末に竣工する予定。

ボーイングはB787について、現在生産する787-8(210~250席クラス)、787-9(250~290席クラス)に加え、今年6月に派生型機となる787-10(300~330席クラス)を新たに787ファミリーに加えることを公表、開発を進めている。

B787の生産では、川崎重工が担当する胴体構造部位に、世界初となる全複合材製の一体成形胴体を採用するなど、革新的な生産技術を多数導入している。

川崎重工は、B787向け製品を製造する名古屋第1工場北工場を2006年7月、増産するため、南工場を2010年3月に竣工して生産を進めている。

今回の新工場建設は、B787向け製品の増産と、787-10型機の生産開始に向け、生産能力を増強するもの。現在、B787は世界各国で運航されており、各型合わせた受注機数は1000機を超える。

川崎重工は、2007年度初めに787-8型の前部胴体を初出荷し、その後も順調に生産を継続しボーイングに供給している。新工場の建設でB787の生産能力を増強し、民間航空機事業の拡大を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集