国立天文台と山口大、大質量星形成領域のメタノールメーザガス固有運動の計測に成功

宇宙 科学

国立天文台と山口大学の合同研究チームが、大質量星形成領域S269のメタノールメーザーガス固有運動の計測に成功した。

S269は、VERA(銀河系の3次元立体地図を作るプロジェクト)により太陽系から1万7250プラス・マイナス750光年の距離にあることが突き止められ、観測当時は人類が三角測量を用いて計測した最も遠い天体だった。

星形成領域のメーザーガスについて時期を変えてVLBIという電波干渉計の手法で観測すると、メーザーガスが時間経過とともに動いていく様子を見ることができる。しかし、S269のような遠い天体では、星の周囲にあるガスの動きが分かるのに時間がかかる。メーザーガスの明るさは、激しく時間変動するため、ガスが明るく輝いているうちに運動を見分ける必要がある。

これらの理由から、これまで遠距離の星形成領域にあるメーザーガスの固有運動は計測されていなかった。

大質量星形成領域の6.7GHzメタノールメーザーは、メーザー放射の中では比較的安定しており、数年以上にわたって輝き続けている。国立天文台と山口大学の合同研究チームは、2006年と2011年にS269のメタノールメーザーをVERAを含む日本のVLBI観測網で観測し、さらに1998年にヨーロッパで行なわれた観測結果とも比較した。

この結果、S269のメタノールメーザーガスの主な塊が1998年から2011年の13年間にわたって安定して存在していることを確認した。そのメーザーガスの塊同士が互いに離れて運動していることも突き止めた。この運動は、S269の若い星からアウトフローによるものと考えられるとしている。

今回の観測には、VERAのほか、山口32メートル望遠鏡、茨城32メートル望遠鏡、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の臼田64メートル望遠鏡が参加した。これらは全て大口径で高感度な望遠鏡で、遠方にあるS269の観測に重要な役割を果たしたとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集