人気上昇中の観光都市、マレーシアのコタキナバルがアジア6位に

エマージング・マーケット 東南アジア

旅行情報サイトの「トリップアドバイザー」が先ごろ発表した「人気上昇中の観光都市2013」調査結果で、コタキナバルがアジア6位にランクインした。

同ランキングは旅行者の評価や注目度が高まった都市を世界的に集計したもので、世界54都市の名前がランキングに挙がった。アジアトップはカトマンズ(ネパール)で、2位以下は札幌、ハノイ、シェムリアップ(カンボジア)、ホアヒン(タイ)の順。

世界トップはハバナ(キューバ)で、アジアからはカトマンズが3位、札幌が7位、ハノイが8位に入っている。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース