JX金属、銅精鉱・硫酸兼用船「鉱硫号」が竣工

船舶 企業動向

竣工した鉱硫号前に JX金属足立社長(左)
  • 竣工した鉱硫号前に JX金属足立社長(左)
  • 命名式
JX日鉱日石金属の子会社日本マリンは、建造を進めていた銅精鉱・硫酸兼用船「鉱硫号」が竣工したと発表した。

JX金属グループは、日本からチリへの硫酸の輸出、チリからの銅精鉱の輸入で輸送効率化を図るため、1隻で両貨物を輸送できる鉱硫船を運航してきた。

新造船は、2010年9月から運航してきた「マー・カミノ号」に続いて建造を進めてきたもの。日本マリンでは、新造船とマー・カミノ号の運航により、年間約40万トンの銅精鉱をパンパシフィック・カッパー佐賀関製錬所、日比共同製錬の玉野製錬所、韓国のLS-ニッコー・カッパーの温山製錬所に輸送する。同時に、佐賀関製錬所から年間約24万トンの硫酸をチリに輸送する。

同社グループでは、チリのカセロネス銅・モリブデン鉱床で、2014年1月から銅精鉱を生産する予定。新造船の竣工により、日本~チリ間での銅精鉱、硫酸の安定供給とJX金属グループでの銅事業の物流効率化を図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集