「清廉度」調査、マレーシアは世界53位に上昇

エマージング・マーケット 東南アジア

トランスペアレンシー・インターナショナル・マレーシア(TI-M)は、2013年度版「腐敗認識指数」(CPI)を発表。マレーシアは昨年の世界54位から53位に順位を1ランク上げた。

調査は世界177カ国・地域を対象に「清廉度」を調査したもので、世界トップは同点でデンマーク、ニュージーランドとなった。3位は同点でフィンランド、スウェーデンとなった。最下位は同点でソマリアと北朝鮮、アフガニスタンだった。日本は18位で、前年より1ランク下がった。

東南アジア諸国連合(ASEAN)で最も順位が高かったのは、シンガポールで5位だった。ブルネイが38位でマレーシアより高くランク付けされた。それにフィリピン(94位)、タイ(102位)、インドネシア(114位)、ベトナム(116位)、ラオス(140位)、ミャンマー(157位)、カンボジア(160位)が続いた。

TI-Mは、政府改革プログラム(GTP)など汚職対策のイニシアティブを推進しているが大幅な改善にはつながっていないと指摘。今後も中程度の汚職レベルを維持すると予想を示した。改善するには、▽政府高官の汚職の追及▽法律の改正、資産公開などの透明性の改善▽汚職摘発委員会(MACC)に独立性を持たせる▽違反した従業員への罰則▽公共事業の透明性かつ競争力のある入札の実施--などが必要だと指摘した。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品