フィリピン航空、リヤドとダンマームへのルート再開により中東へのネットワークを拡大

航空 企業動向

フィリピン航空(PAL)は12月2日、12月1日よりサウジアラビアのリヤドへ、そして12月3日より同国のダンマームに向けての通常サービスを再開し、中東諸国へのルートを拡大したことを発表した。

PALはその最新型のツインエンジンを持つエアバス330-300航空機をリヤドとダンマームへのノンストップフライトに使用し、海外で働くフィリピン人の労働者と他の旅行者にマニラとサウジアラビア間の最も速く便利な旅行を提供する。

リヤドへのフライト(PR654)はマニラを毎日曜日、水曜日、木曜日、土曜日の午前8時15分に出立し、リヤドにあるキング・ハーリド国際空港に同日の午後1時30分に到着することとなる。

またダンマームへのフライト(PR682)はマニラを毎月曜日、火曜日、土曜日の午後1時35分に出立し、ダンマームにあるキング・ファハド国際空港に同日の午後6時に到着することとなる。

PALのリヤドへの最初のフライトは1987年3月1日に開始され、2011年3月にサービスを停止することとなった。またダンマームへのフライトは1982年7月3日に開始され、ダーラン国際空港に発着していたが、1999年11月にキング・ファハド国際空港にサービスが移設された。そしてこのサービスは2001年8月に停止された。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集