マレーシア、トヨタ製の窃盗リスク車、損保会社が一部で引き受け拒否

エマージング・マーケット 東南アジア

トヨタ製自動車で四輪駆動車(4WD)などの一部の車種で窃盗被害が多発していることを受け、一部の損保会社が保険引き受けを拒否している模様だ。

華字紙「南洋商報」が報じた。

マレーシア損害保険代理店協会(PERWAKIM)によるとこうした状況は数年前から続いており、およそ20社ある国内の損保会社のうち少なくとも5社がトヨタ・ブランドの一部の車種について引き受けを拒否する姿勢を示している。保険を受け付けている損保会社であっても、窃盗を免責事項に入れることを条件にしている会社もあるという。

車種別では『ハリアー』や『ダブルキャブ』が窃盗リスクの高い車種に挙げられている。『カムリ』はオーナーの背景などを参考に保険を引き受けるか決定しており、『ヴィオス』は高リスクのリストには入れられていないという。

トヨタは一年目の保険料を負担しているが、2年目からの保険更新で面倒な事態に遭う可能性がある。高リスク・リストに入れられると、保険料が60-150%割高になったり、盗難防止装置の設置が義務づけられる場合がある。最悪、損保に加入できない場合は損保33社が共同で運営する保険のマレーシア自動車保険プール(MMIP)が利用可能だが、この場合も保険料は割高になるという。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品