【NASCAR】スチュアート、2014年の復帰に向けて回復に集中

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

トニー・スチュアート
  • トニー・スチュアート
  • トニー・スチュアート
2013年8月にレースの事故によって足を複雑骨折したNASCARドライバーのトニー・スチュアートが、その後の骨折の回復の様子について語ると同時に、2014年度シーズンの開幕戦であるデイトナ500に出場する強い意志を明らかにした。

スチュアートは過去数週間の間に杖を使用せずに歩く機会が多くなり、回復が順調なことを印象づけたが、感染による予定外の3度目の手術を行い、それによって回復が少し遅れたかに見えたが、彼は次のように語っている。

「(感染による)3度目の手術は約3週間の遅れを出すところだったが、僕の回復はすでに予定より先行していたので、結局は予定通りに収まることとなった。現在は感染や馬鹿なことが起こるなどのドラマも無く、順調に進んでいるよ」

そして現在の経過についてスチュアートは、「僕は以前よりも全体的に良くなっているが、ノーマルになったという意味では決して無い。それは毎日の始まりに砂時計をひっくり返すようなものだ。起床して動き出した時に砂時計をひっくり返し、動きを止めて一休みしたところで、もう一度砂時計をひっくり返すといった感じだね」と語った。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集