【リコール】ジープ パトリオット など、サイドエアバッグが作動しないおそれ

自動車 ビジネス 企業動向

改善箇所
  • 改善箇所
クライスラー日本は11月29日、ジープ『パトリオット』などのエアバッグ制御ユニットに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、ジープ『パトリオット』『コンパス』の2車種で、2010年1月11日~2012年12月11日に輸入された3669台。

エアバッグ制御ユニットの制御プログラムが不適切なため、低速で横転した場合に、車両状態を適切に感知できず、シートベルト・プリテンショナ及びサイド・エアバック・カーテンが作動しないおそれがある。

全車両、エアバッグ制御ユニットの制御プログラムを書き換える。

不具合発生および事故は起きておらず、本国からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集