JAL、787-8を使用して成田~ニューヨーク線を週14便に倍増…南米への乗継アクセス改善

航空 企業動向

JAL、成田~ニューヨーク線を1日2便に増便
  • JAL、成田~ニューヨーク線を1日2便に増便
日本航空(JAL)は、2014年3月30日から成田~ニューヨーク線を週7便から週14便に増便すると発表した。

増便する機材には787-8を使用する。

今回、「成田を午後7時台(日本時間)に出発」「ニューヨークを午前9時台(現地時間)に出発」する便を増やすことで、需要の旺盛な南米地域とのアクセスで、ニューヨークの乗継時間が日本発、海外発の双方向で大幅に短縮される。

成田からニューヨーク経由でサンパウロに向かう場合、従来便では所要時間31時間25分かかっていたが、今回の増便を利用することで6時間10分短縮して25時間15分で到着する。

ブエノスアイレスからニューヨーク経由で成田に向かう場合、所要時間29時間25分かかっていたが、今回の増便の利用で28時間10分に短縮される。

また、アジアとニューヨーク間のアクセスでも、成田で同日に乗り継ぎが可能になる地点が、現在のシンガポール・ハノイ・ホーチミンシティ・バンコク・ソウル・プサンの6都市から、マニラ・北京・上海・香港・台北・高雄の12都市に拡大し、乗継時間も短縮できる。今後も成長が見込まれるアジアと北米間を利用者のニーズに対応する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集