MINI ハッチバック 現行型、最終モデルがラインオフ…7年の歴史に幕

自動車 ビジネス 企業動向

英オックスフォード工場からラインオフした現行MINI ハッチバック の最終モデル
  • 英オックスフォード工場からラインオフした現行MINI ハッチバック の最終モデル
BMWグループのMINIは11月28日、現行『MINIハッチバック』の最終モデルが、英国オックスフォード工場からラインオフしたと発表した。

現行MINIハッチバックは2006年にデビュー。BMWグループ傘下となった新生MINIにとって、2世代目のハッチバックとなる。2006-2013年の7年間に、累計104万1412台が生産された。

また、2001年の初代MINIから数えたハッチバックの累計生産台数は、186万3289台。MINIシリーズ全体での累計生産台数は、240万台を超えている。

MINIによると、2012年、英国で生産された全自動車の14%がMINI。また、英国から輸出された全自動車の14%もMINIだったという。

11月中旬に発表された新型MINIハッチバック(3世代目モデル)は、英国では2014年春、発売される予定。MINIは、「MINIは地球上の数百万のドライバーを、笑顔にしてきた」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集