【訃報】ニスモ初代社長 難波靖治氏が死去

自動車 ビジネス

難波靖治氏
  • 難波靖治氏
  • Nissan GT-R Nismo GT500(参考画像)
ニスモ(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)初代代表取締役社長、難波靖治氏が11月27日、死去した。享年84歳。

難波氏は1948年、日産重工業(現・日産自動車)入社。1958年には、豪州ラリー(オーストラリア・モービルガス・トライアル)に初出場、自らハンドルを握り、日本人として国産車で初優勝。1969年には、サファリラリー日産チーム監督を務め、チームを優勝に導いた。

その後1984年9月、ニスモ初代代表取締役社長に就任。日産チーム総監督として、1990年のルマン24時間耐久レースで日本チーム過去最高の5位入賞、1992年のデイトナ24時間耐久レースで日本車初の総合優勝を果たすなど、モータースポーツの発展に貢献してきた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集