次代を担う振付家の発掘、トヨタ コレオグラフィーアワード 募集開始

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ コレオグラフィーアワード
  • トヨタ コレオグラフィーアワード
トヨタ自動車は、社会貢献活動(芸術文化支援)の一環として世田谷パブリックシアターと提携し、次代を担う振付家の発掘・育成を目的とした「トヨタ コレオグラフィーアワード2014」の募集を11月29日より開始する。

募集期間は11月29日から2014年1月20日まで。応募資格は、日本国籍を有するか日本に在住もしくは活動の拠点を置いている振付家で、自身の振付作品を発表した経験のある人。ジャンルは問わない。

同アワードの選考方法は、公募の中から審査委員によるファイナリスト選考会にて選出された「トヨタ コレオグラフィーアワード」ファイナリスト6人/組が2014年8月3日に行う“ネクステージ"(最終審査会)において作品を上演。審査委員、ゲスト審査員により「次代を担う振付家賞」(1人)、観客投票により「オーディエンス賞」(1人)を決定する。

審査委員には、全国の劇場プロデューサー等に加え、ゲスト審査委員として、岡村恵子氏(キュレーター/東京都写真美術館 学芸員)、川瀬浩介氏(作曲家・美術家)、前川知大氏(劇作家・演出家)、コレオグラフィーアワード第1回受賞者の砂連尾(じゃれお)理(おさむ)氏(振付家・ダンサー)、寺田みさこ氏(振付家・ダンサー)を迎える。なお、過去の受賞者を審査員として迎えるのは今回が初めて。

振付家賞受賞者は、次年度(2015年度)に受賞者公演を実施。トヨタ自動車からその作品製作費の一部として200万円が授与され、世田谷パブリックシアターより、受賞者公演の場(シアタートラム)が提供される。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集