ミャンマーのテインセイン大統領、12月にフィリピン訪問

エマージング・マーケット 東南アジア

関連画像
  • 関連画像
両国相互理解のため、アキノ大統領と会談

12月、ミャンマーのテインセイン大統領がフィリピンを訪問し、ベニグノ・アキノ3世大統領と会談することが決定した。

(画像:Mizzimaより)

フィリピン外務省の発表によれば、テインセイン大統領は12月4日から6日まで滞在する。滞在中は貿易、開発、農業、エネルギー、文化交流、情報共有など、両国の相互関係を深めるための会談が行われる予定となっている。

また、ミャンマーが2014年のASEAN議長国に、2015年にはフィリピンがアジア太平洋経済協力フォーラムの開催国となっていることから、ASEAN地域に関する論議が交わされることも予想される。

交流を重ね、2016年には外交60周年
2016年、ミャンマーとフィリピンは外交樹立60周年を迎える。近年のミャンマーからフィリピンへの公式訪問は、2005年、ソー・ウィン最高司令官が、2011年、大統領に就任したテインセイン大統領が行った。

今年6月には、ネピドーで開催された東南アジア世界経済フォーラムで、テインセイン大統領とアキノ大統領が会談している。また、今月初めにフィリピンを襲った台風被害について、ミャンマーは7トンの物資と約10万ドルを寄付している。

テインセイン大統領、12月にフィリピン訪問

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめのニュース