MINI ハッチバック新型、英オックスフォード工場で生産開始

自動車 ビジネス 企業動向

英国オックスフォード工場で生産が開始された新型MINIハッチバック
  • 英国オックスフォード工場で生産が開始された新型MINIハッチバック
  • 新型 MINI ハッチバック
  • 新型 MINI ハッチバック
  • 新型 MINI ハッチバック
  • 新型 MINI ハッチバック
  • 新型 MINI ハッチバック
BMWグループのMINIは11月18日、新型MINI『ハッチバック』の生産を、英国オックスフォード工場で開始した。

BMWグループ傘下となったMINIは2001年、オックスフォード工場での生産をスタート。累計生産台数は200万台を超え、現在では世界約90か国へ輸出されている。

2012年、オックスフォード工場では、20万7789台のMINIを生産。この台数は英国の乗用車の全生産量の14%にあたる。MINI『クロスオーバー』を除くMINIの全シリーズが、このオックスフォード工場で組み立てられる。

BMWグループは2011年6月、MINIの英オックスフォード工場に5億ポンド(約650億円)を追加投資。新型MINIハッチバックの生産準備を進めてきた。そして11月18日、新型の量産第一号車が、オックスフォード工場からラインオフ。

MINIは新型の生産開始を祝う記念式典を、オックスフォード工場で開催。BMWグループのMINI担当、ハラルド・クルーガー取締役は、「オックスフォード工場の100周年にあたり、MINIブランドのサクセスストーリーを続けていく。今日、新型の生産を開始した。英国はMINIの生産の中核拠点」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集